戦略的時事分析室【続・現代をみる】

「戦略的時事分析室」ニュース解説、時事分析、提言

今年のノーベル文学賞受賞者は、Kazuo Ishiguro (カズオ・イシグロ)

皆さん、こんにちは!

 

今年のノーベル文学賞受賞者が発表されましたね!

Kazuo Ishiguro (カズオ・イシグロ

 

一つ前の記事は、外出先でスマホで打ったため、簡単なことしか書けませんでしたので、改めてこのことについて記そうと思います。

 

ハードカバーの「忘れられた巨人」(The Buried Giant)(早川書房)に掲載されている著者略歴を記してみたいと思います。

 

カズオ・イシグロ

Kazuo Ishiguro

1954年11月8日長崎生まれ。1960年、五歳のとき、海洋学者の父親の仕事の関係でイギリスに渡り、以降、日本とイギリスのふたつの文化を背景に育つ。その後英国籍を取得した。ケント大学で英文学を、イースト・アングリア大学大学院で創作を学ぶ。一時はミュージシャンを目指していたが、やがてソーシャルワーカーとして働きながら執筆活動を開始。1982年の長篇デビュー作『遠い山なみの光』で王立文学協会賞を、1986年発表の『浮世の画家』でウィットブレッド賞を受賞した。1989年発表の第三長篇『日の名残り』では、イギリス文学の最高峰ブッカー賞に輝いている。その後、『充たされざる者』(1995)、『わたしたちが孤児だったころ』(2000)、『わたしを離さないで』(2005)、短篇集『夜想曲集』(2009)(以上すべてハヤカワepi文庫)を発表。2015年に発表した本作は第七長篇にあたる。これまでの作品とは大きく異なる時代設定で話題を呼び、ニューヨーク・タイムズ・ベストセラーに発売直後からランクインしたほか、英《ガーディアン》紙や《タイムズ》紙で絶賛された。

 

私は、彼の全作品を所有しているわけではなく、『浮世の画家』『わたしを離さないで』『忘れられた巨人』の三冊を所有しているのですが、少し読んだだけで、この小説家の独自性というか、いわば異次元の表現世界というものを感じました。それから、私は、書店に行くと、いつもカズオ・イシグロの本を買おうか買うまいか迷うことになりました。

 

面白いエピソードがあります。ノーベル文学賞受賞者発表の前日、私は、新潟市の萬松堂という書店に寄り、何を買おうかと本を見ていました。もちろん、ハヤカワepi文庫のカズオ・イシグロの本を手に取っては戻し、手に取っては戻しして、迷っていました。もう一つ欲しい本があって、岩波文庫丸山眞男の『超国家主義の論理と心理 他八篇』だったのですが、その時思い切って両方買えばよかったのに、後者の丸山眞男だけを買ってしまいました。次の日、「ノーベル文学賞カズオ・イシグロ!」というNHKのニュース速報をスマホで見て、「ええっ!?」とびっくりし、カズオ・イシグロを買っておけばよかったと思いました。案の定、昨日までいっぱいあったカズオ・イシグロの本は、在庫切れになってしまいました。「まあ、自分の気になっていた作家がノーベル文学賞に選ばれたのだからいいか。」と思っていますが、こういうのは案外嬉しいものです。

今日は、家で勝手に昨日買ったワインで祝杯をあげようと思います。

 

 

祝!カズオ・イシグロさん、ノーベル文学賞受賞!

私の気になっていた作家の、カズオ・イシグロさんが、ノーベル文学賞を受賞しました。彼の本は、私は3冊所有していて、本屋に行っても必ずチェックする作家でした。「充たされざる者」は、ハヤカワepi文庫で結構厚くて読み応えがありそうで、いつも気になっていました。今後の作品が楽しみです。

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

充たされざる者 (ハヤカワepi文庫)

充たされざる者 (ハヤカワepi文庫)

Never Let Me Go (English Edition)

Never Let Me Go (English Edition)

武力に依存しない治安維持・平和維持・平和構築は可能か?

皆さん、こんにちは!

 

今回は、「武力に依存しない治安維持・平和維持・平和構築は可能か?」と題して、平和実現のためにはどのような要素が必要かということについて考えてみたいと思います。

 

最近、アメリカで度々起こる銃乱射事件、世界の武力紛争、無差別テロ、北朝鮮の核開発・ミサイル発射など、武力・軍事力を背景にした威嚇や事件が多く起きるようになってきました。確かに、歴史的史実を眺めると、武力や軍事力による国家の建設や治安の維持が行われてきたという流れはあります。

 

しかし、高い生命倫理感が発達している現代社会において、人間が人間を武力や軍事力によって不当に威嚇・攻撃することは、果たして許容されることなのでしょうか?地球上の人類は、各々文化を有し、また、宗教的信仰も有しています。また、現代は、科学技術や医療技術も高度に発展し、適切にそれらを活用すれば、非常に充実した社会生活を送ることができるのです。

 

確かに、武力紛争が、多かれ少なかれ、経済的要因と絡んでいるという部分はありますが、基本的には、平和産業で利潤を追求するのが、高度経済成長期の日本的資本主義の成功例であり、また、今後は、宇宙開発・宇宙産業や、再生可能エネルギーの開発、水素社会の実現といったところに、ビジネスの焦点は移っていくでしょう。その前に、気候変動や異常気象などの地球環境破壊要因により、地球上の私たちの居住環境が破壊されてしまっては、元も子もありません。また、宇宙も未来永劫安定したものではなく、活発に活動しています。

 

そのような、よりマクロな視点で平和構築を考えたとき、果たして、私たちは、武力・軍事力を用いて争っている暇はあるのでしょうか?SFのように、時間を操作できる可能性は置いておいたとしても、時間は無限ではありませんし、やることはたくさんあるはずです。国家防衛のための最低限の防御策は必要なのかもしれませんが、それを積極的に威嚇や攻撃のために使うことは、百害あって一利なしでしょう。

 

国際社会は、このような高い倫理観を共有し、積極的に「武力に依存しない平和構築」という理念を掲げるべきなのではないでしょうか?

未来志向の日本社会構築のための社会システム論

皆さん、こんにちは!

 

今回は、「未来志向の日本社会構築のための社会システム論」と題して、社会システムの改善についてどのように考えていくべきかということについて記したいと思います。

 

現代日本の制度疲労を起こした部分に関しては、社会システムという観点から改善していく必要があります。例えば、少子高齢化の進展に伴う労働力人口の減少、あるいは、全般的な人口減少、少子高齢化に伴う社会保障制度の制度設計、介護・医療・年金など、労働時間と休暇取得の問題、出産・育児にかかわる問題、学術的基礎知識をいかに習得させ応用能力を育成するかという義務教育・高等教育の問題、ベーシックインカム金融工学的手法による富の分配などの資本主義的社会経済システムの改善、政治体制の改善、憲法をはじめとする法体系の継続的改善、より広い視点で見れば、地球環境システムにおけるエネルギーバランスの改善、気候変動・異常気象の原因解明とその現象の改善なども挙げられるでしょう。

 

問題は、各種課題の列挙にとどまらず、未来志向の視点で、どのような解決策を立てたらそれぞれの課題が解決の方向に向かって動いていくかをより具体的議論の上で検討していくことだと考えます。各種の課題は、一見関連性のないことのように見えますが、その根底には、経済的な要因が一定程度共通していて、どこかを改善すれば必ずある程度総合的にプラスの方向へ向かう方向性が見えてくるはずです。そこを検討しながら、今後の社会経済システムを改善・構築していく必要があるでしょう。

 

日本が平和国家として継続して存続していくためには、軍事的国防という観点も必要ではありますが、経済・社会・福祉の視点で、より国民の幸福度・QOLを向上させるための諸政策の実施が必要になってきます。これらの諸政策により総合的に国民の生活が安定してくれば、自ずから政治的安定も図られるでしょう。国家的観点からの国民的議論が高まってくることを期待して、衆院選に臨みたいと思います。

現代日本の政治体制における可能性

皆さん、こんにちは!

 

今回は、「現代日本の政治体制における可能性」と題して、現在の政治情勢について考察していきたいと思います。

 

現在、衆議院が解散し、選挙戦に突入しています。私は、現在の自公連立政権の政策の方向性は適切であると考えています。デフレ脱却・景気回復・経済好循環・第4次産業革命による生産性の向上をはじめとする経済政策、憲法改正をはじめとする法体系の整備、先端技術開発への投資をはじめとする科学技術政策、労働力人口減少期における人材育成のための社会政策など、うまく噛み合えば社会の改善を進めることが可能であると考えています。

 

しかし、政治情勢全般について考えたとき、「政権担当能力を有する政治勢力」が2つか3つ程度存在し、お互いに切磋琢磨しながら政権担当能力にさらに磨きをかけるという政治の在り方は理想的なものであると考えています。これにより、政治に一種の良い緊張感が生まれ、政治運営にプラスに働く力が生じれば、全体としては自浄能力が作用し、国民にとってもプラスになると思います。

 

いずれにしても重要なポイントは、より具体的なビジョンに基づいた政策的議論を活発に行うことで政治体制も改善を重ね、日本の発展のためにプラスになる政治状況を維持・発展させていくことであり、形式的なものはあくまでも形式的なもので、実質的に重要な議論が行われているかが検討の要点だと考えます。

 

今回の衆院選で、政治体制の改善がさらに一歩進むことを期待して、投票を行いたいと思います。

情勢分析とクリエイティビティーに立脚した社会科学の視点

皆さん、こんにちは!

 

今回は、「情勢分析とクリエイティビティーに立脚した社会科学の視点」と題して、社会の様々な課題を解決に導くために、どのようなスタンスで検討していくべきかについて記してみたいと思います。

 

現代日本には、様々な所で歪みが生じてきていて、解決・改善を検討する必要がある問題があります。社会情勢も、年が経てば、少しずつ変化してきて、社会経済システムに改善を加える必要が出てくるのは、いわば当然のことです。

 

課題解決のための道筋としては、「現状分析」→「解決策の検討」→「改善策の社会への適用」→「効果分析」といった流れをとると思いますが、この道筋をたどる中で、社会科学的視点と思考アプローチが必要になってきます。

 

科学というと、一般的には、物質科学や生命科学などの、いわゆる理数的サイエンスを連想する方が多いと思いますが、もちろん、社会科学的課題解決においても、コンピューターを利用した各種データ分析と予測は活用されます。しかし、人間の持つ有機的な発想力や思考力は、こと人間の関わる有機的な課題に対しては、必要不可欠のものだとも思います。コンピューターの分析や予測は、現状では数理的データに基づいて行われているため、いかにも無機的な印象を与え、そこに、人間の実際のエモーショナルファクター、感情要素が十分に包含されていないことも多いのが実情ではないでしょうか?

 

人間の脳機能の可能性は、まだ十分に生かされていない部分も多いのではないかと思います。量子コンピューターとAIを融合させた電子的電算処理と、人間の脳機能の可能性フル活用の相乗作用が、次世代の新しい社会を作り出していくカギになっていくのではないでしょうか?

YouTube動画のビデオメッセージによるコメント発信をしています!

皆さん、こんばんは!

 

最近、ワークスペースの環境を大幅に改善しまして、これまでの文章によるコメント発信に加えて、YouTube動画のビデオメッセージによるコメント発信を行っています。

 

リンクは、以下の通りです。

ニュース7ビデオメッセージ - YouTube

 

文章表現ではかなり固い表現になってしまいますが、動画発信ではかなり聞きやすいと思いますので、良かったら是非視聴していただければと思います。

 

よろしくお願いいたします。