【続・現代をみる】

「戦略的時事分析部門 放送メディア通信戦略局」 ニュース解説、時事分析、提言

【核心解説】「21世紀の情報通信メディア論① 情報の付加価値向上への取り組み」

皆さん、こんにちは。

 

今回から、「21世紀の情報通信メディア論」と題して、何回かに分けて論じていきたいと思います。

 

第1回目は、「情報の付加価値向上への取り組み」について、考えを述べてみたいと思います。

 

私は、経済・社会問題をはじめとした様々なテーマについて、情報発信を行っていますが、常に心掛けていることは、各課題についての自らの見解を述べる際に、必ず社会の発展に結びつく「付加価値」を加味して、論じるということです。

 

各課題についての個人的見解も、インターネット上にアップロードされた時点で、一つのテキストデータになりますから、そのデータが社会の発展にとって有益なものでなければ、無駄な労力となり、情報発信する意味自体がありません。誤解を招かないように付け加えれば、そこが、私の提言である「見解」と「悪意のフェイクニュース」との根本的な質的相違点です。

 

例えば、私が、「日銀の金融緩和政策の継続は適切かどうか」等について、私見を述べる際に、世界経済・日本経済の回復・発展にとってプラスになるかどうかを考慮することは重要なポイントです。ここが「情報の付加価値」というところで、ここをいかに最大化するかが、情報発信の際に最も気を遣う点になります。単なる破壊的混乱を誘発する情報が「悪意のフェイクニュース」だとすれば、この部分での良識の発動があるかないかが「高付加価値情報」との分岐点と言うことができます。

 

また、既存メディアのいわゆる各種「一次情報」に、どのような考察と検討を加えて「高付加価値二次情報」を発信するかも、大きなポイントとなります。既存メディアの存在意義の一つは、「信頼できる一次情報の取材と発信」にありますから、善意に基づいてその情報に「高い付加価値」を加えて発信することにより、経済発展や社会問題の解決に連結すれば、情報受信側にとっては良好なメディアの活用ができ、メディア側にとってもより良質な情報提供のさらなる動機づけとなり、良好な社会的循環ができていきます。

 

いずれにしろ、「社会貢献活動の一環としての意志力の行使」が、私にとっての重要なポイントになります。