読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日露関係の重要性について(NHK ニュース7)

今日は、私がこだわっている、日露関係の強化の重要性について書いてみたいと思います。

 

日露の関係といえば、「歴史的には」、明治時代の日露戦争がありました。日本は、日清・日露の両戦争を成功させることで、列強の道を歩んだわけですが、第二次世界大戦では、ソ連の攻撃を受けるということもありました。

 

その「歴史的背景」から、日露間では平和友好条約が結ばれていず、北方領土問題が現在まで続いているわけですが、双方とも、「現在が」関係強化のチャンスであると思います。それに加えて、経済的な結びつきも強化していくことが、両国関係にとって、プラスに働くと思います。

 

私自身のことを少し明かしますが、私は、新潟県で生まれ育ちました。新潟というところは、ロシアとの関係が深く、また、既に故人である私のおじさんも、ロシア語を専攻したので、それらの要素も多分に私に影響しているのですが、日本とロシアの北東アジアにおける役割の重要性を考え、ロシア語を習っておけば、きっと将来に役立つに違いないと思ったのが、私がロシア語を履修した理由でした。また、キリル文字の特殊性も、私にとって魅力がありました。これが読めたらかっこいいだろうなあと思ったんですね。私は、チャイコフスキーリムスキー・コルサコフムソルグスキーなどの、ロシア音楽も好きなんです。もともとロシアに興味があるんですね。

 

話を元に戻すと、地政学的に見た、政治的パワーバランスにおけるロシアの役割も重要なものがあり、日露が良好な関係を築き、強化していけば、いわゆる「旧西側諸国」だけではなく、「旧東側の国々」とも、良好な関係を進展させることができる、ひいては、「地球儀を俯瞰する外交」を掲げる、安倍政権の路線とも一致するんですね。

 

平和友好条約締結と北方領土問題の解決は、必ずしもセットにする必要はないと思いますが、実際的な関係強化を進める上で、条約締結がまず重要であり、北方領土をめぐる問題の実質的な解決策を模索する上で、経済的要素などを考慮し、安倍首相とプーチン大統領の間で、納得のいく合意ができると確信しています。

 

ロシアとの協力は、宇宙産業を軌道に乗せるうえでも、重要なのは言うまでもありません。現在、ロシアの宇宙船「ソユーズ(Союз)」に乗って、大西宇宙飛行士が宇宙に行って、活動しています。アメリカももちろん重要なんです。3か国が核となって、宇宙開発を良い方向に進めていき、国際協調のシンボルにする必要があると思います。

 

www.nhk.or.jp

 

拉致被害者の帰国具現化について

北朝鮮側が、再び、拉致問題は解決済みだという姿勢を見せています。

 

論理的に言えば、日本に拉致被害者家族が存在している以上は、拉致問題は解決してはいない。

 

拉致被害者の即時帰国と、未来志向の日朝関係の構築、ひいては、朝鮮半島の平和的統一を実現することを、切に希望します。

 

朝鮮半島の発展は、アジアの発展の重要な一要素であり、アジアの構成員全員が気に懸けていることなのです。

 

核兵器の廃絶は、世界的な潮流となりつつあります。それでもまだ、核兵器開発に固執しますか?私たち日本は、核兵器廃絶を具現化しようとしています。いち早く、世界の一員となり、より前向きな、宇宙開発などに投資して、世界に貢献することを期待します。

水素社会の可能性(NHK ニュースウォッチ9)

水素を活用することについては、どんなメリットがあるのでしょうか?

 

日本は、四方を海に囲まれた海洋国家ですから、水資源は豊富にあります。

 

ましてや、地球温暖化による海面上昇により、水は豊富にあります。

 

水素を取り出す技術さえ確立すれば、水素を活用することは、化石燃料に頼るよりも、プラスです。

 

水素は、酸素と反応させても、水ができるだけなので、非常にシンプルだしクリーンです。

 

水→水素→水の循環ができれば、非常に効率的なエネルギー循環ができ、次世代の社会システムの根幹となる可能性があります。

 

ビジネス的に見ても、水ビジネス、水素ビジネスは、技術革新次第で、展開が見込めますから、有望な投資対象になりえるでしょう。

 

www9.nhk.or.jp

エネルギー問題の解決策のビジョン

ここでは、将来のエネルギー問題の解決策について考えてみましょう。

 

現在の、将来へ向けたエネルギー情勢をめぐる事柄としては、

 

原発再稼働

原発依存度を下げる

再生可能エネルギーの普及

・水素社会の実現

化石燃料からの脱却

核融合の開発

 

などが挙げられるでしょう。

 

ビジョンとしては、

「一定程度の原発再稼働」を進めながら、

再生可能エネルギーの開発・普及」を進め、

それにより、「原発依存度を下げる」ことを目指し、

中長期的に、「化石燃料からの脱却」を目指すために、

「水素社会の実現」を図り、

核融合によるエネルギー情勢の改善」を図る、

といったものになるでしょうか。

 

大きなポイントとしては、

有限資源であり、地球温暖化の一因となっている、化石燃料からの脱却をいかにして実現していくか、ということです。

自動車に関しては、電気自動車、水素自動車などに転換していく。

発電に関しても、二酸化炭素を放出する、火力発電を、再生可能エネルギーによる発電に切り替えるなどです。

 

次世代のエネルギー利用を根幹とするシステムを基軸にする社会を目指すことが必要となるでしょう。

 

www9.nhk.or.jp

核廃絶のために必要な論理は?

再び、核廃絶について書きます。

 

核廃絶に必要な論理は何でしょうか?

 

一つは、「世界は平和的状態が維持されるのが大前提」という、国際的合意です。

まず、紛争ありきで議論されるから、話が武力行使第一になってしまう。もちろん、軍隊組織による平和維持が世界の常識であるという事実は知っていますが、その認識を変える必要があります。

 

二つ目に、「所有武力は最低限のものとし、核兵器は使用してはならない」という、国際的合意と法規制です。

核兵器が、使用してはならない兵器であるという共通認識ができれば、その保有自体を無意味にすることができます。それを訴えるためには、広島・長崎の原爆被害を強く主張する必要がありますし、唯一の当事者国である日本とアメリカが協力して、その働きかけを強める必要があります。

 

三つ目に、「ソフトパワーによる平和維持と平和実現こそ、次世代の安全保障のあり方である」という共通認識です。

軍拡の連鎖は、現実的ではありません。国際協調主義に基づいた、課題解決と発展の道を探るべきです。重要なのは、人々が知恵を絞りあって、より良い国際社会のあり方を、共に構築していくことです。武力行使によらない平和維持というのは、人々の交流の中から生まれてくると思います。

 

四つ目に、「地球における世界の共同体意識」です。国益を過剰に優先するあまり、国際協調がおろそかになっていないか、留意する必要があります。

 

核廃絶の議論を、より良いものにしていきましょう。

好きな本

今日は、祝日ですね。

 

私も、今日はお休みで、喫茶店でうだうだしているのですが、私は、読書が好きなので、図書館や本屋で、本の選定をするのが好きです。

 

今日は、「アルチュセール全哲学」(講談社学術文庫今村仁司著)を借りてきました。

 

私は、小説も読むには読むのですが、どちらかと言うと、このような思想書のようなものが好きです。

 

思想というのは、人間の思考様式の一種のアルゴリズムであり、いろいろな、それに触れることで、さまざまな課題解決にプラスとなります。頭の中に、いろいろな回路を構築することにより、それらの関連性や結びつきで、考えを巡らすイメージです。

 

また、ウィトゲンシュタインの「論理哲学論考」なんかも、Twitter発信に通じるところがあると思います。あれも、思想を端的にまとめていて、似たようなことをやっていたんだなあと思います。

 

最近は、AI(人工知能)真っ盛りですが、根本は、人間の思考・思想・発想力・構想力です。私は、これからも、これを大事にしていきたいと思っています。

核兵器廃絶のために必要なこと

8/6,8/9の原爆の日が過ぎました。

核兵器の廃絶について、日本としての決意を新たにする日でした。

 

では、具体的に、核廃絶を現実路線に持っていくには、どのようなことが必要でしょうか?

 

まずは、「核兵器の使用を禁止する、法的拘束力のある国際法的枠組みを、あらためて合意・構築し、その履行を徹底すること」であろうと思います。

核兵器が、使用できない兵器であることの合意ができれば、保有する意味がなくなり、削減へと向かうでしょう。

 

次に、「核兵器に依存しない、国際安全保障環境の実現」です。核兵器化学兵器を使用すると、何らかの罰則が科されるような国際的枠組みを機能させ、核抑止理論によらない、安全保障体制を、国際的に協調して構築していく必要があると思います。この、「国際的に協調して」という部分が重要で、協調を合意することにより、紛争を抑止し、その代わり、協調事業を推進するような流ればできれば、世界発展と平和維持が同時並行で進められます。

 

ソフトパワーによる平和実現と安全保障が、今後の潮流となることを期待しています。