【核心解説】日本経済復調のための多角的検討<第2回>「経済循環の促進の重要性」

皆さん、こんにちは。

 

今回は、日本経済復調のための多角的検討の第2回目として、「経済循環の促進の重要性」について論じてみたいと思います。

 

経済循環に関しては、日銀の「異次元の金融緩和政策」「マイナス金利政策」により、その環境は整えられました。しかし、「マネタリーベースの増加」→「企業の賃金上昇」→「消費者心理の改善」→「購買行動」→「物価上昇」→「企業の収益拡大」→「賃金上昇」→・・・という経済好循環は、全体的に見るとなかなか実現できていません。

 

何が問題なのでしょうか?

 

それは、「資金の偏在と滞留」です。

 

「企業の内部留保もそうですし、富裕層貧困層の格差拡大」も同じ考え方です。「異次元の金融緩和」で増加した資金が、市中に回らず、一般市民の手の届かないところに「偏在し滞留してしまっている」だろうということです。

 

社会経済が循環しないと、ますます格差が拡大し、社会の二極化が進んでしまうでしょう。

 

循環を促進するためには、経済の諸要素を少しずつ改善し、全体的に良い雰囲気にもっていくことが、遠回りのようでいて近道です。第1回でも触れたように、「下降要因を徹底管理し、上昇要因をのばす」ことが重要ですので、経済循環に関しても、それを阻害している要因を一つづつ改善し、経済の好サイクルを現出することが重要です。

 

阻害要因として挙げられるのは、構造的要因と、感情的要因があります。構造的要因とは、単純に制度的な問題、社会システムの問題です。感情的要因は、消費者心理・投資家心理・デフレマインドの改善など、人間が消費行動に移る上での心理的・感情的な要素です。

 

これらの歯車が、カチッと噛みあった時に、経済循環の好サイクルは回りだすでしょう。そうしたらあとは、維持・発展させるだけです。

 

日銀も、金融緩和政策の効果を検証する会合を開いていますので、何らかの金融政策の改善もなされるでしょう。少しずつ歯車を噛み合わせていけば解決します。

 

次回は、「成長戦略に必要なプラス要素」について、触れてみたいと思います。

 

www.nhk.or.jp

【核心解説】日本経済復調のための多角的検討<第1回>「リスク管理の徹底とその重要性」

皆さん、こんにちは。

 

今日から、日本経済の現状を鑑みて、「日本経済復調のための多角的検討」と題して、日本経済の復調のためには、現在どのような要素が必要かということについて、何回かに分けて、多角的な視点から論じてみたいと思います。

 

まず、第1回目の今回は、リスク管理の徹底とその重要性」と題して、日本経済の経済運営における、リスク管理の重要性について触れてみたいと思います。

 

かつて、日本経済は、バブル経済の崩壊という苦い経験をしました。その時は、高騰する株価・地価に夢中になり、誰もその経済が崩壊することについて予想だにしていませんでした。それは、まさに、「経済下降リスクを管理し、好調な経済を維持する」という視点に欠け、「我が世の春を謳歌する」ことにのみ人々の意識が行ってしまったことによる失敗です。

 

その失敗から学べることはいったい何でしょうか?

 

それは、「経済下降リスクを徹底的に管理し、経済上昇要因を徹底的に保護・育成・促進することによる、上昇の好スパイラルの維持」を経済運営の要として心掛けることです。

 

データ・状況などからのさまざまな検討から、日本経済の下降リスク要因はピックアップすることができます。そのピックアップされた、一つ一つのリスク要因に関して、それを下降に結びつけないように、管理し、策を講じていくことがまず第一です。

 

次に、経済の上昇要因を多角的にピックアップします。私も現在、いくつかの経済上昇要因をピックアップしてありますが、そこに、人的資源と経済的資源を重点的に投資して、保護・育成・開発促進を図ることが次に必要になってきます。

 

それらの多角的検討と、具体的な政策の実施の積み重ねにより、日本経済は「下降させずに上昇基調を維持する」ことが可能になるでしょう。

 

各論を話せば、まだいろいろあるのですが、次回第2回は、「経済循環の促進の重要性」に関して論じてみたいと思います。

 

www.nhk.or.jp

文化拠点としての「古都・京都」の魅力を日本の振興にどうつなげるか?

www3.nhk.or.jp

文化庁の京都移転に向けた準備が進む。

 

古都「京都」「奈良」は、日本の歴史的な文化が詰まった都市である。日本古来の文化を保存し、振興し、また、発信していく上では、「京都」はまたとないシンボル的役割を発揮するだろう。

 

日本の観光戦略の上でも、「京都」「奈良」の文化都市拠点化は、非常に有効であると考えられる。「京都御所の観光資源としての有効な活用」、「寺社めぐりと仏教思想の紹介の関連付け」、「公園整備」、「日本の伝統音楽の紹介」など、いろいろな切り口から、日本の伝統文化発信基地としての「京都」「奈良」のプロモーション強化が必要だろう。

 

また、日本各地の有形・無形文化財の魅力を再発見するための取り組みも重要になってくるだろう。科学技術立国ももちろん重要なポイントではあるが、文筆も含めた文化交流・文化発信・文化振興による内外における波及効果をうまく日本の成長につなげられれば、心の豊かさと、経済活性化の両方が達成できるのではないだろうか?

日銀、Fintech(フィンテック)活用へ積極姿勢

www3.nhk.or.jp

 

日銀が、Fintech(フィンテック)活用に向け動き出します。

日銀の黒田総裁が、Fintech活用に向けた研究を進めることを表明しました。

 

金融も含めて、業務効率化や新たなサービスを生み出すためには、

技術の進歩をうまく従来の業務形態に適用する必要があります。

 

その意味では、今回の黒田総裁の表明は、時代の趨勢を的確に捉えたものと

言えるでしょう。

 

IT技術、AI、量子コンピューターなど、常に最新の技術分野に対して、

アンテナを張り、親しんでおくことは、日進月歩の時代に乗り遅れないためにも

必須のことです。できれば、その有効な活用法にも、考えを巡らしておくことができれば、新しいサービスや、ビジネスへの活用への道も見いだせるでしょう。

 

私自身は、技術的進歩への関心が強いので、理論的なことや、かなりコアな部分を突くのが好きなのですが、そこまではいかなくても、その概要を知っておくだけでも、だいぶ違います。

 

確実に時代は動いています。次世代の産業革命も、実現への道が見えつつあります。より暮らしやすい社会を目指して、皆さんで協力して頑張りましょう!

現時点での利上げは是か非か(利上げ後の世界 Part 2)

www3.nhk.or.jp

 

現時点で、金融緩和政策の完全な転換を図ることの是非について考えてみたい。

 

異次元の金融緩和という金融政策は、そもそも、それ以前は一定の範囲で有限であった金融の流動性を、市中に出回る資金量を可能な範囲で極大化することにより高め、経済の可動範囲を広げることが、一つの目的であった。

 

その、目標とするところは、デフレからの脱却であり、経済好循環であり、物価上昇であった。その目標は、現時点では、十分に達成されたとは言えないが、一定の効果を上げたということは、言うことができる。

 

金融緩和政策が、未来永劫継続することは、確かに経済的観点から健全ではなく、どこかで、一定の経済秩序を回復し、適切に運営することが、必要となってくるだろう。では、どの時点で政策転換することが適切と言えるだろうか?

 

少し抽象的にはなるが、具体的に言えば、一つには、種々の国際経済的リスク要因が好転の兆しを見せてきた瞬間、あるいは、世界経済のうねりのターニングポイント、国内的に言えば、国内経済が半不可逆的回復軌道に乗ったと判断できる瞬間。

 

途切れてしまった、経済回復への諸回路をつなぎ合わせる感覚、とでも言いましょうか。その一般解と特殊解は必ずありますから、それを探っていくことでしょうね。

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

相場ウォッチャーの視点(8/17)

www3.nhk.or.jp

 

今日の日経平均株価終値は、16745.64。

 

最近は、16000円前後で推移しています。

 

人工知能や、自動運転など、新しい技術の活用が焦点となるとともに、

日銀の金融緩和政策の実効性の検証、政府の経済対策、

新しい需要の創出と、事業の一段の活性化が、

日本経済再活性化のカギとなるでしょう。

 

前回、20000円を突破した時は、期待値が大きかったですが、

構造改革により、より、利益の上がりやすい体質を作り、

株式相場の活性化につなげてほしいと思います。

 

 

終戦記念日にことよせて

8/15は、終戦記念日

 

戦後71年が経ち、実戦経験者も減る一方です。

 

そんな中、戦闘を経験していない我々は、紛争抑止に関して何ができるでしょうか?

 

一つには、旧日本軍について、タブー視するのではなく、歴史の一ページとして、こういう組織が実在したという事実を少しでもいいから知ることです。

 

もう一つは、それを知ったうえで、紛争を起こさないための、プラスの提言をどんどん出して、社会が戦争というマイナスのスパイラルに陥らないように、常に努力していくということです。

 

やっちゃダメではなく、やらないためにはどうしたらよいかをみんなで真剣に考えるのです。人は、やっちゃダメと言われると、いやな気分になり、反発をするものです。ですから、こういう風に社会を進めて言ったらどうかという提言を、どんどん出して、政府が積極採用し、次々に新しいビジョンを実現していけば、戦争なんか起こらないんです。それは、世界情勢でも同じことです。宇宙開発を積極的にどんどん進めていきましょう。新エネルギー開発、人工知能量子コンピューター、どんどん進めていきましょう。どんどん明るいビジョンが描けるじゃないですか。

 

こういうプラスのスパイラルを、どんどん起こしていきましょう!